感染症学のプロが暴く「コロナワクチンの危険性」

       皇室とともに

月刊インテリジェンスレポート ワクチン - gagakuheiwa’s diary (hatenablog.com)

 

新型コロナウイルスに関する国民への情報が偏っていることに関する陳情 - gagakuheiwa’s diary (hatenablog.com)

 

新型コロナワクチン等に関する陳情 - gagakuheiwa’s diary (hatenablog.com)

 

オピニオン誌ルネサンス」購入したらこんな情報が来たのでお知らせします。

とても、重要なことです。拡散ください。

 

今回、ルネサンス編集部は

『病理学』『感染症学』『分子生理学』の専門家で、大阪市立大学名誉教授の”井上正康氏”に取材を実施。昨今コロナウイルスは怖い、ワクチンを早く打とう」

といった情報ばかりを伝えるマスコミ・・・

この、偏った状況に警鐘をならします。

*欧米諸国が拒否したアストラゼネカ社ワクチン

 8000万本分の在庫が日本に回ってきた背景とは・・・

動物実験でわかったコロナワクチンの惨状と危険性

 SARSやMARSは開発禁止になりながら、なぜ新型コロナワクチンだけが人体に打たれ

 るのか?

*コロナワクチンで死に至る2つの要因・・・

 専門家が明かす”ADE"”サイトカインストーム”の恐ろしさ

厚労省がコントロールしているコロナ陽性人数 

 PCR検査のカラクと、オリンピック用の帳尻合わせの実態

    さらに今回、大変多くの方々から反響を頂いたため、

 井上教授へのインタビュー第2弾材料としてくれれば幸いです。

       こちらのページで今すぐ詳細を確認できます。

                ⇩

URL   dpweb.jp/coro1

ご注意

 新型コロナワクチン接種について

 ダイレクト出版は、コロナワクチン接種を推奨も否定も致しません。

 あくまでクライアントから客観的な情報をお伺いし、中立的な立場で皆さまにお届け

 しております。

 

すでに記事を読んだ方々から、このような感想を貰っています。

 

ジンジャーさま

 『医療従事者ですが、子供には接種させないと決めました』

 私はコロナ病棟で1年半以上従事する医療関係者です。ワクチン接種に違和感を持ちながらも、仕事の関係上仕方なく接種しました。しかし、コロナの患者を見ていると、10代や20代の若者で重症化する人や入院となるケースは少なく・・・同僚とは早い段階からコロナを指定感染から引き下げるべきという話も出ていました。ですが、周囲からの「打つのが当たり前」という空気に揺らいでいました。今回、この記事を読み「自分の子には接種させない」と決意できました。現在、医療はひっ迫していると騒がれていますが、大変さの内容には焦点があたらず、ドラマチックな部分だけが拾われ大騒ぎされていると感じます。

 

ATさま

 『ものすごく腑に落ちる内容でした』

 PCR検査の本質を知っているとは思えない行政やメディアの煽り方に辟易としていました。ただ、家族や周囲に話しても相手にされず、「グダグダ言わずに早くワクチン打って」と言われる始末。先日、千葉真一さんがワクチン未接種のために亡くなったかのような印象を持った方々から、一層の奨励が来て、辟易さが増していました。ワクチンに関する信頼できる情報が不十分と感じて敬遠してきましたが、今回の記事から「新型コロナの本質が血栓症である事」がわかり、これからも出来る限り回避していくべきだと痛感した次第です。

 

宮本さま

 「コロナ渦の事態を冷静に見られるようになりました」

 お陰様でコロナ渦の事態を冷静に見れるようになりました。しかしながら、気が付けば、私の妻子もmRNAワクチンを接種してしまい、また、知人のほとんどが接種していると聞きました。私自身、64歳の高齢者ですから、正直、接種を避けていると言い様のない不安に襲われるのも事実です。井上先生の御説を拡散しようとしても、大概の方は面倒くさがって聞く耳を持たない・・・。コロナ脳というのでしょうか。井上先生のお話を聞いて、頑張っている方々がいることが、大きな支えとなっています。

 

                     URL検索すると やっぱり、2021年1月26日動画再生できなくなってた。

 国際金融資本家にとって、ビルゲイツにとって、巨大製薬会社にとって不都合であるから動画を排除した。これだけでも、明らかだ。

 通常、新薬承認には最低15年かかります。動物実験10年そこで何も問題が無ければ臨床試験を5年間行い問題はなければ承認される。しかし、研究費は莫大な費用が掛かります。今回のように、緊急でもないのに国民に恐怖心を与える報道をマスコミにさせておいて緊急性があるから特例としてたったの1年で改竄されたデータに基づき認可されたと聞く。高架も5%あるという製薬会社の報告も検査すると19%しかなかった。副作用についての検証はない。無理だよ。15年間という時間の流れは短縮できない。

そもそも、致死率2%です。インフルエンザとの比較で考えなければならないのに、恐怖を煽る報道に終始している。今は、感染者がこれだけ増えたと恐怖を煽る。毒性が弱いから感染して免疫力を付ければ済む話。私は、危険なワクチンだと考えている。それを接種する必要性を感じない。危険性も十分に国民に伝えて判断した結果、接種するという状況にすることが重要です。兎に角、接種しろと言わんばかりの総理、厚労大臣、尾身さん、医療関係者には、あなた方にはどんなメリットがおアリですかと聞いてみたい。

 遺伝子組み換えワクチンですよ。

 遺伝子組み換え食品の表示があり、皆さんは、遺伝子組み換え作物を避けているのではないのですか。直に、遺伝子組み換えを体に入れることの方が危険極まりが無いと考えるのが普通ではないでしょうか。