「国難の日本史」国史にしてほしかった

              皇室とともに
                
  イメージ 1

育鵬社自由社以外の教科書は
「階級国家論」「泥棒国家論」で作られている
検定が正しく行われていない
法律無視の無法地帯である証し
取り締まれない
マスコミが加担し世論をリードするから
民主主義ではできない
第一権力者はマスコミだ

教育の目的は
国家及び社会の形成者として必要な資質を備える
である
教育基本法に明記されている
認識なき教師・生徒・父兄
認識し努力することが向上に繋がる

この本を読んで教科書以外の事を教えればよい
自虐史観を改め、日本とは、日本人とは何かを教えることは重要
世界史がモンゴル帝国から始まった
中国人の食人習慣には驚いた
未だに人肉を食べている
キリシタン弾圧の誤解
江戸時代の平和は鎖国にあった
実質移民政策を取る現状は、国内平和を揺るがす
とにかく
教育改善をし塾に行かなくても真っ当な教育を受けられるようにするには
教師が生徒が父兄がこの本を読むことだ
誤解を招くから付け加えると
塾も正しい知識を教えない
受験に対応する教育であるから自虐史観を教える
「戦前の教科書」
「英会話不要論」
「英語化は愚民化」
「優位戦思考で世界に勝つ」
読んでおくと言い良書
感性を磨くには名作文学を読む
肚を鍛えるのは日本人の偉人伝を読む
学校の試験、入試試験は、相手に合わせた回答で丸をもらう
肚の中は、
国家及び社会の形成者となる資質を備える
その為に必要な肚を鍛えることです
お爺ちゃんもやれるだけやってみるから・・
許してね
人を信じきるな
悪い奴はいる
善人ずらした悪党もいる
肩書に騙されるな

ルーズベルトが日本に戦争を仕掛けた