無法者への配慮は逆効果

             皇室とともに
 
 
メディア通信 第26号
 
無法者への配慮は逆効果
4月23日、シナ公船8隻が、頑張れ日本と地元漁師の漁船9隻を執拗に追跡。海保の援護で拿捕や衝突は免れたが、自国領海域での操業を、妨害阻止された。今後、シナ漁船団が公船群と共に、大挙して侵犯したら、海保は、シナ漁船を拿捕ないし駆逐できるか。長年に亘る「刺激しない配慮」の見事な成果が、実効支配の逆転だ。
防衛設備不可欠な尖閣
安倍首相の「自国領海内の漁業は当然」なる国会答弁は、断固支持するが、実効支配には言葉のみならぬ、決断と実行が必用。船だまり施設や、自衛隊の常駐を断行すべき時だ。
靖国参拝への難癖
閣僚参拝への、難癖は相変わらず。中韓の反応を日本メディアは煽りすぎる。正しい行為に対する、ならず者らの反応などどうでも良い。貫き通す勇なき正義は、正義とは言えない。
NHK1万人訴訟控訴審
1回で結審が、通常の控訴審で、2回目以降証拠調べが行われる。自民党 鬼木議員(おにき議員)の国会質問「NHKが偏向しているから、受信料不払いが広がるの
では」が、追い風になっている。裁判闘争と国会論議の連繋を!