菅さん、具体的に国民に示せ!

           皇室とともに

朝日新聞社 によるストーリー

■■自民党菅義偉前首相(発言録)

 野党政権だった2012年は(日経平均)株価が8千円(台)だった。1ドル80円(台)。働きたくても働く場所がなかった。アベノミクスを推進して2年で株価を2万円(台)にし、有効求人倍率(季節調整値)は0.83倍から1.64倍までもってきた。こうした政策一つ一つを見るときに、私たち自民党が野党に政権を渡すようなことはあってはならないと思う。

 非常に厳しい状況下ではあるけれども、やるべきことをしっかりと実行に移していくことが大事だ。国際的にも、国内的にも極めて大事なときに政権を渡すようなことは絶対にしてはならない。(自民党千葉県連大会の講演で)

 

菅義偉議員がそこまで自覚が出来ているのであればこうするべきだ!

国民の日本の行く末を案じるならば

LGBT法廃止

・消費税廃止

・種子法復活と種苗法を元に戻す

・農協法を元に戻す

マイナンバー制度廃止

・観光立国ではなく物つくり大国復活

入管法を高度経済成長の時のものに戻し外国人技能実習制度廃止と育成就労制度廃止

・株主資本主義廃止

・JRと郵政を元に戻す。

これを次期政権が国民の皆様の絶大なる支援で成し遂げる。この本気度を国民に示せれば国民も理解し今一度、機会を与えてくれる。敵の圧力が凄すぎるから国民の支持が必要。

そう考えることは出来ないのだろうか。

米国や財務省や中国に媚び売り、日本国民の事を蔑ろにしてきたツケが回ったのだ。野党が政権を取ればもっと最悪だが、自民党公明党の連立でも結局は地獄だ。そこを、反省しろ。

ハニトラにかかって国を売る、売国奴だ。